まずは2週間からの禁煙補助薬と種類と効果

どうすれば効果的に禁煙することができるのでしょうか。たばこが吸いたくなったら深呼吸をしたり体を動かしたりして、ただひたすら喫煙を我慢する方法もありますが、喫煙が生活のリズムの一つとなっているためその習慣から抜け出すことは並大抵の努力ではできません。しかし禁煙補助薬を利用すれば効果的に禁煙をすることができます。
禁煙補助薬はニコチンを含む外用剤とニコチンを含まない内容剤の2種類があります。
外用剤は禁煙時におこるニコチンの禁断症状に対してたばこ以外のものからニコチンを補給して禁断症状をやわらげます。そして徐々にニコチン依存症から抜け出して禁煙を達成します。外用剤としてニコチンガムとニコチンパッチがあります。
ニコチンガムはタバコが吸いたくなった時に使用する禁煙補助薬です。薬局で販売されています。禁煙開始2週間から4週間でたばこを吸わないことに慣れてきたら徐々に減らしていき1日の使用量が1個から2個になったら完全に使用をストップします。効果が出るまでの期間が比較的短いのが特徴です。ニコチンパッチは皮膚に貼り付けて使用する禁煙補助薬です。医師によって処方される医療用と薬局で販売されている一般用があります。朝起きてニコチンパッチを腕や背中や胸に貼り付け就寝時に取り外します。こちらも最初はニコチンの含量が多いものを使用して慣れてきたら2週間毎に含量が少ないものに変えていきます。
一方内服剤はニコチンを含まず、脳内のニコチン受容体に働きかけてニコチンの禁断症状を抑えます。また喫煙による満足感を抑制するため完全にたばこをやめることなく始められます。服用するには医師の処方箋が必要です。
条件を満たせば、保険を使って12週間の禁煙治療を受けることもできるので確実に禁煙したいのなら禁煙外来を利用することをおすすめします。禁煙治療では初診から2週間後に再診して医師からアドバイスを受けることができます。